健康維持には食事が必須!身体づくりに必要な食事とは

コラム

筋力を上げたい、体重を落としたい、健康寿命を延ばしたい

そんな様々な希望があると思いますが、トレーニングをするだけで達成するのは非常に難しく、食事の管理が必須条件になってきます。

今日は、健康維持のために必要な食事ポイントをお伝えします。

三食バランスよく食べる

まずダイエットをしようと思うと食事を減らしがちです。必要以上にカロリーを削ってしまうと、身体は飢餓状謡になり、入ってきた栄養を最大限脂肪に変えて蓄えようとします。

「食べない」はより太ってしまう原因なのです。

また、極端に〇〇しか食べない、というようなダイエットも栄養不足で体調不良を引き起こす原因となります。

3食しっかり、バランスよく食べることが健康維持への近道です。

脂質に気をつける

近年では低糖質ダイエットなるものをよく見かけます。

しかしながら、糖質はエネルギーになりやすいので、トレーニングで鍛えた筋肉を修復して大きくしたり、脂肪を燃やしたりするのに使われます。

なので、極端に減らしてしまうとトレーニングの効果を十分に生かせません。

また、カロリーを見ると、糖質・たんぱく質は1gあたり4キロカロリー、脂質は1gあたり9キロカロリーです。

つまり、脂質を抑えればカロリーは確実に削ることができます。

筋肉を増やしたり、髪の毛やつめをつくるのにひつようなたんぱく質も重要です。

なので、糖質とタンパク質はしっかり摂って脂質を抑える食事推奨しております。

ストレスをためない食事を心がける

運動も食事も「継続すること」が必要です。

特にダイエットに関しては、食事が管理が大半を占めると言っても過言ではありません。

カロリーは低いけど美味しくない… 足りなくてつい間食してしまう…

これではなかなか成果は出ません。

お酒やスイーツも断つ必要はありません。

食事は「制限」するのではなく「管理」するのです。

食事も様々な方法が取り上げられているので、何を食べたらいいかわからなくなりますよね。

目的(筋肉をつけたい、体脂肪を減らしたい等)によっても、体重や体脂肪によっても、さらには年齢によってもどういった食事メニューが最適かは人ぞれぞれです。

ぺあトレでは、カウンセリングを行いながらその方に合ったおすすめの献立をお伝えします。

しっかり食べながら身体づくりをおこなっていきましょう♪

関連記事

この記事へのコメントはありません。