じめじめを乗り切ろう!梅雨シーズンの健康改善法

コラム

6月に入り、関東も梅雨入りが発表されましたね。

曇りや雨が多いと体に不調が出たり、精神的に落ち込みがちになる方も多いでしょう。

近年では「気象病」と呼ばれ、専門のクリニックなどもあります。

今回は梅雨におこりやすい健康リスクと、改善法をご紹介していきます。

どんな健康被害が起こる?

梅雨の時期は、気圧や気温が急激に変化しやすく、これによって自律神経が乱れやすくなります。

だるさめまい吐き気頭痛などが起こり、ひどいと立ち上がれなくなってしまうほどに重くなってしまうことも…

また、じめじめを解消するためにクーラーを長時間使用することで冷え性やむくみ、水分不足による熱中症なども起こりえます。

梅雨時期の体調不良を改善するおすすめの方法

では、こういった体調不良を改善するために行ったほうが良い改善案をいくつかお伝えします。

・温かいものを食べる・飲む

・湯船につかる

・こまめに水分を摂る

・適度に運動をする

などがあげられます。

自律神経を整えることで症状が緩和され、水分を循環させることで内側から整いやすくなります。

梅雨時期に運動をしたほうが良い理由

中でも、適度な運動を行うことは気象病の症状の緩和に効果が期待されると言われています。

運動を行うとセロトニンという「幸せホルモン」が分泌されます。

この物質は自律神経を整えてくれる働きがあり、気持ちもリフレッシュできます。

また、体温を上げることで冷え性やむくみの解消にもつながり、胃腸が動くことで食欲不振も解消されます。

激しい運動をする必要はないので、お好きな音楽をかけたりお気に入りのお茶を飲みながら行うのがおすすめです。

室内であればお天気を気にする必要もありませんね。

お天気が悪いと憂鬱な気分になりがちですが、ぺあトレでは笑顔で楽しくトレーニングをしていただけるよう全力でサポートいたします。

じめじめとした梅雨の空気を元気なトレーニングで吹き飛ばしましょう!

関連記事

この記事へのコメントはありません。