ダイエットにも筋肉増強にも!蕎麦の栄養価と効果がすごい

コラム

暑い日々が続くと身体がだるくなり、食欲も減退してしまいますよね。

そんな時におすすめの食材が「蕎麦」です。

実は、蕎麦はダイエットにも筋肉にも健康にも非常に優秀な食べ物なのです。

今日はお蕎麦のおすすめポイントをお伝えします。

血糖値が上がりにくい

蕎麦は糖質だけでなく、たんぱく質・ビタミンB群・マグネシウム・食物繊維と様々な栄養素を含んでいます。

そのため、白米や小麦粉よりもGI値が低く、血糖値が上がりにくいです。

うどんや白米のGI値が85前後なのに比べて、蕎麦は54ととても優秀です。

一般的な蕎麦は蕎麦粉と小麦粉を混ぜて作っているので、5割異常が蕎麦粉のものを選ぶとなお良いです。

脂質をほぼ含まないので低カロリー

蕎麦の脂質は100gあたり1g以下です。

よってカロリーはパンやパスタなどに比べて低くなっています。

つまりお腹いっぱい食べても体脂肪に変わりにくく、太りづらい食材と言えます。

たんぱく質が豊富

米やうどんは栄養成分のほとんどを糖質が占めますが、蕎麦はたんぱく質を豊富に含んでいます。

筋肉の減少を防いでくれるので代謝が下がりにくく、腹持ちもいいです。

ただし一食分では十分でないので、さらに肉や魚・卵などたんぱく質を足して食べるのがおすすめです。

味付けやトッピングの組み合わせが無限大

かけそばやざるそばだけだと栄養のバランスが悪いのでトッピングでさらに効率よく、美味しく食べるのがコツです。

蕎麦は冷たくても温かくても美味しいので一年通して食べやすいです。

また、味に癖が無いので、肉・魚・野菜だけでなくキムチや納豆・温泉卵などと合わせても美味しいです。

さらにはスープもめんつゆだけでなく、カレー粉を混ぜたりトマトスープ・豆乳などで変化をつければ飽きることなく食べることができます。

筆者のおすすめは

〇鶏ひき肉のガパオ炒め+カレー粉つゆ のスパイシー蕎麦

〇豚しゃぶとおくら・長いも・納豆+梅つゆ のねばねば蕎麦

〇ノンオイルツナ・バジル+トマトつゆ のアラビアータ蕎麦

〇鮭・夏野菜+豆乳つゆ のクリーミー蕎麦

などなど♡

是非お試しください♪

蕎麦は痩せやすく筋肉も作りやすい優秀な食材です。

コンビニやスーパーのお弁当コーナーにも必ずあるので活用してみてくださいね。

ぺあトレでは、食事指導を無料で行っています。

詳しいレシピもお伝えしていますよ♪

しっかり食べながら痩せる、筋量を増やす効果的な食事などその方に合ったバランスで献立も作成しております。

トレーニングと食事を組み合わせて理想の身体を作っていきましょう!

関連記事

この記事へのコメントはありません。