夏こそ運動!動いて夏を元気に乗り切ろう

コラム

毎日猛暑の日々が続きますね。

慢性的な疲れや食欲不振など、夏バテのような症状は出ていませんか?

28度以上の気温の中では、熱中症の危険があるため激しい運動は避けるよう言われています。

しかしながら、クーラーの部屋でじっとしているとそれもまた体調を崩しやすくなってしまいます。

今回は、夏に運動を行うメリットと注意点をご紹介していきます。

夏バテ予防に運動が効果的な理由

クーラーの効いた部屋にいると頭が痛くなったり体がだるくなったりします。

大きな原因としては外気との温度差により自律神経の乱れが生じているからです。

また涼しいところに長くいると汗腺の働きが鈍くなり、逆に体内に熱がこもりやすくなってしまいます。

運動を行うことでじっりつ神経の活性化を促すとともに、汗をかくことで体温調節が正常に働きます。

また胃腸の動きも活発化するので自然と食欲もわいてきます。

夏におすすめの運動

夏バテ解消に効果があるとされているのは体に負担がかかりにくい有酸素運動です。

主な運動としては、ウォーキングやジョギング、ラジオ体操やストレッチなどです。

ジワリと汗をかくくらいの運動で良いとされています。

無理をせず、身体がつらくない範囲で行いましょう。

夏に運動するときの注意点

必須なのが水分補給です。

喉が渇いたと感じたときにはすでに体内に水分が足りていない状態なので、こまめ早めに水分補給を行いましょう。

ナトリウムを含む経口補水液やスポーツドリンクがおすすめです。

また、朝や日暮れ後などなるべく気温が高すぎない時間を狙いましょう。

帽子をかぶったり、通気性や発汗性に優れた服を活用するなど服装も意識するとなお良いです。

オーバーワークにならないよう、体調に気をつけながら行ってください。

以上、夏の運動のメリットと注意点をお伝えしました。

適度な運動は心と体を健やかに保つために必要なものです。

夏はなかなか運動が億劫に感じる方も多いでしょうが、夏こそ動いて元気に暑さを乗り越えましょう。

ぺあトレでは有酸素運動に最適なボクシングミットトレーニングを行っていただけます。

広いスペースで十分に動いていただくことができますよ。

室内なら直射日光で熱中症になる心配もありません。

快適な温度に設定してお待ちしております♪

関連記事

この記事へのコメントはありません。